今の政治は「船頭多くして船 山に上る」

今の政治はまさにこのことわざがうってつけ。

「船頭多くして 船 山に登る」
あまり政治に関して言いたくないのですが最近は目にあまるものがあり、子どもにその関連のテレビを見せたくない。あまり政治家の発言を聞かせたくない。選挙に当選するために世論から多数派意見を拾い集め、実現できるかどうかは棚に上げそれを公約としもっともらしいことを主張する。どの政党の発言も正しいことを言っているのです。ゴールとする目指す社会が違うだけです。一つの論点に関しても比重が違うだけです。目指そうとする社会が違うので主張することもばらばら。だから政党も多数になってしまい、国民が迷ってしまいます。その根源は国民が社会の方向性を見失っているからに過ぎません。

| | コメント (0)

多様化するITデバイス②

商売の本質はあらゆる客のニーズを満足させる商品を売る。この一言に限ります。
IT業界も同様にIT端末が多様化します。全ての顧客に満足させるように。
携帯からスマホに変化し スマホの液晶が拡大してくる。やっぱりスマホの画面では操作がしづらいので10インチタブレット(iPadやアンドロイド)が出現。しかし若干のモバイル性に欠けるので現在はポケットサイズの7インチタブレッドが主戦場です。これだけでも選択に悩ますというのに、ここへ来てタッチパネルを有するWindows8端末!これは反則でしょう。今までパソコンと携帯との棲み分けが出来ていたのにこれにより境界が無情にも取り払われました。
いったいこの端末は何なんだ?!スマホかタブレットかパソコンなのか!って時代になりましたね。この境というのはOSで判別されます。アンドロイドかWin8かですね。この前も店頭でこのパソコンいいなあと思ってたらタブレットにキーボード付きでした。しかしスマホとタブレットの境は難しいですね。同じアンドロイドですし、タブレットでもスカイプなどで電話しようと思えばできるからです。
パソコンと思ってタブレットを購入し帰ってパソコンソフトを入れようとしてCDーROMが無いのに気づき、外付けCDーROMを買ってUSBが無いのに気づき、店員に文句にいいにいったところ店員から「お客さん これはパソコンではありませんよ」と言われた人は世の中に1人ぐらいはいるんじゃないかな(^-^; 
 

| | コメント (0)

感動する児童書 モチモチの木と図書館ライオン

素晴らしい本と巡り会うほど感動するものはありません。児童書や絵本も大人が読んでもとてもおもしろいです。やっぱり国語の教科書に載ってました。
2冊ともほろほろきます。

| | コメント (0)

池上彰シリーズです。池上彰教授の東工大講義(世界編)

人気の池上シリーズです。この人が学校の社会の先生だったら絶対100点とれたろうになあといつも思います。世の中の出来事ってテレビのニュース見ても新聞見ても表向きの事しか分からず、それで理解したかのような錯覚に陥りますけど実は深い真実がうごめいてます。

| | コメント (0)

多様化するITデバイス①

年のせいか決断力が最近鈍りました。

あまりにも選択肢が多すぎるとほとほと困ることがよくあります。

例えばCoCo壱番屋のカレー屋さん。元カレーソースの種類に限らずご飯の量からカレーの辛さ、そしてあらゆる具材のトッピングの種類。もう世の中のカレーに合う食材を全て試して厳選されたものだけが残ったかのような堂々たる豊富なメニュー。考えに考えたあげくいつも注文はいつも「これ」「普通」「普通」です。常連さんは分かると思うが一応素人向けに解説するとウエイトレスの「何にしますか?」の問いかけに対して特別メニューを指さして「これ」。特別メニューとは本メニューとは別に期間限定メニューとかおすすめメニューの別ファイルがあるのです。いつも一通りメニューを見て熟考するのですがいつも最後は「これ」です。後は「ご飯の量は?」「カレーの辛さは?」の問いかけに対しての返答です。

 最近ラーメン屋もうっとおしい。麺ははちじれ麺?細麺?太麺?麺の硬さは?スープはあっさり?こってり?そして辛さは? 「店主の1番自信のあるものをだせよ(`ε´)」と吐く勇気も無く心の中でたまに思ったりします。
 単品一筋だった吉野家は変わってしまいました。以前はじめて子どもを連れて行った時、きょろきょろするので「何してんの?」と訪ねるとメニューを探してると。「そんなもんあるか」。
しかし現在は豊富なメニューがそろってます。しかもテーブル席までも。それだけではない。ドライブスルーまで。吉野家だけはちがうと思っていましたが結局ファーストフードの行き着くところはみんな一緒ということでしょうか。
さて道は大幅にそれましたが本題は次回に。

| | コメント (0)

情報整理術9(ネット上の整理2)

情報整理術の最大のポイントは情報収集に手間をかけないことです。これに手間がかかると長続きしません。

前項のようにネット上の様々なファイル形態をそのまま保存するのが一番シンプルですが要点はファイル名をリネームすることです。検索時に拾われるように。ワードやPDFなどはファイル名だけでなく本文まで検索するのですがある程度ファイル名でその中身が分かるようにしておかないと内容を確認するのにいちいちファイルを開けないといけないです。

注意するのがPDFファイルは中身の本文が検索されるファイルと検索されないファイルがあるので注意が必要です。
基本的にテキストから作ってPDF変換したものはテキスト本文が埋め込まれているので内容は検索されますが
画像としてスキャナーしたものはテキスト本文が埋め込まれてないので検索してもヒットしません。

例えば雑誌や新聞の切り抜きをスキャナーしてPDF変換してもそのままでは内容はヒットしません。その時はある操作が必要になってきます。ソフトによりますがスキャナーと同時にOCR(日本語読み取り)で同時にテキストをうめこまなければなりません。しかしOCRがなかなかくせ者なんですよ。これは実際使ったことがある人しかわかりません。OCRと言うソフトは昔からあるんですがこのご時世になっても日本語読み取り精度が上がってないんですよ

どの会社のOCRも似たり寄ったりで誤変換がとても多いのです。これを修正するのに膨大な時間を要するのです。一からタイピングした方が早い!いや冗談ではなくホントsad 実用段階ではない。

話はそれますがこの世で一番使えないソフトは OCRと音声テキスト変換ソフトだと思ってます。10年以上前からその類のソフトは存在します。しかし全然進歩してない。やっぱり相当難しいんでしょうね。コンピュータの一番苦手な”あいまい”ってやつですからね。

話はそれましたが従いましてファイル名をしっかりリネームすることです。特に日付も必要な場合は
110925情報通信戦略
というふうにリネームすれば2011年9月25日と言うことがわかります。ファイル作成日や更新日はもともとファイル自体の属性に埋め込まれているので日付でヒットしないことはないのですが簡単に目で確認ができるので便利な方法かと思います。



| | コメント (0)

情報整理術8(ネット上の整理)

それではネット上の記事やブログなど収集の仕方には様々な方法があります。例えばWEBスクラップソフトの一つである紙copi紙copiをつかって保存する方法。IEについてるお気に入りに登録する方法は何より簡単ですが、その記事がずっとあるとは限りませんのでURLだけを保存してもあまり意味がありません。テキストのみでいいのならそのままコピーペースとしてメモ帳などに写せばいいだけです。
しかしネット上のファイルの形態は様々で、動画、PDF、Jpegなど数限りなくあるのでその辺は臨機応変に手早く保存できる方法を模索する必要がありますね。

テキストと画像が混在するならバイナリファイルであるワードやオープンオフィスに転記して編集すれば自分なりにすっきりしたファイリングができます。

また動画ファイルをつけたいときはワードなどは無理ですがどうしてもファイルに埋め込みたいときはアドビーのアクロバット(PDFの本家本元)adobeで動画ファイルも埋め込むことができます。しかしそこまでするにはお金も手間もかかります。そのままファイル名を編集して独立して保存すればいいのではないでしょうか ?
どうしても特定のファイルと関連づけたいときはその関連元ファイルの番号やタイトルを動画ファイルのネームの一部にすれば検索の時に一緒にピックアップします。

人気ブログランキングへ
中津市の歯科医院で働く歯医者




| | コメント (0)

WindowsXPのサポート期間

ウイルスソフトは数ありますけどいつも思いますがこれは安い。使用したことはありますけどパソコンも重くならず悪くはありません。

61eic2ws5l_sl500_aa300_
ただ気をつけることが一つ。
更新料無料で永遠に使用することが出来ると書いてありますけど、OSのサポート期間内と小さく書いてあります。たぶん初心者はここを読まないんでしょうね。
つまりwindows XPにインストールすると2014年4月8日までしか使えない!ってことです。
皆さん気をつけましょう。

| | コメント (0)

Windows8 検証2 新UIに対応した唯一のモデル?

Windows8新UIに対応したディスプレイを探しました。量販店に行って店員に聞いても答えはいっしょ。「そんなものはない!」というようなキョトンとした対応です。いやいやどこかにあるでしょう。widows7からアップデートしてタッチパネルを使いたい人が・・・

やはりありました。DELLです。秋葉の実機も見てきました。デルのなかでも唯一のモデルだそうです。しかし高い!8アップデート料金と合わせると 廉価版パソコン一台分の値段か。

| | コメント (0)

Windows8 検証1

まだWindows8を購入もしてないのに検証とはいかに。

将来購入するときのために雑誌あるいは店頭にて機能チェックです。
windows8最大の売りであるタッチパネルはWindowsのOS史上95以来の転換点ですね。
ただタッチパネル対応のハードはまだ各社少ないようです。タッチパネル未対応のWindows8を購入するのは少しもったいない気がします。もう少し待てばこの新UIを採用した斬新的デザインのパソコンがさらに出てくるのではないでしょうか。
そこで現在出ている斬新的なモデルを三つ紹介します。
まず ソニーのVaio Duo11    さすがソニーのデザインはいつも洗練されてます。
それからこの前秋葉のDELLのショールームで実機を見てきました。なかなかDELLの実機を置いてるところは少ないので迷わず立ち寄りました。そのなかで 1番目立ってたのが
XPS12。これはいい!プレゼンに最高じゃないですか。いままでノート本機ごとくるって回さなくてもすみます。そして反転して閉じればタブレットに変身。
そしてさらに進化してるのがASUSの世界初 デュアルスクリーン搭載Ultrabook「ASUS TAICHI
ついに出たかっていう感じです。これならディスプレイを回す必要も無く 編集しながらプレゼンができる。しかし閉じたときもディスプレイが露出しているので扱いに相当神経を使いますね。ASUSは熱いですね。本来マザボのメーカーなのにパソコン業界を牛耳ってますね。ちなみに呼び方はいろんな読み方があるのでメーカー自身が最近推奨されました。
「エイスース」です。今まではアスース、または玄人読みでエーサスと呼んでましたがこれからはエイスースです。うーん なじまんな。
これから斬新なハードが各社でると思いますがタブレット並みに薄く、重量が軽くなるならタブレット群の脅威になりますね。タブレットならいちいちパソコンを介して編集してファイルや画像を転送しますがWindows8ならその必要もなくなりますしね。少々値段が高くてもWindows8モデルを選びますね。
最近タブレット群におされてパソコンの需要が相当減っているみたいでWindows8が起死回生になりそうです。
次回はUI以外のウィンドウズ8の機能についてご紹介します。

| | コメント (0)

«品川はつけ麺屋が多い。