« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

こどもを本好きにするには2

こどもを本好きにするにはパート2です。
前回の紹介した本のおおよそ一致した意見としては”環境を整える”といったことでした。ごもっともです。つまり親が本を読んでる姿を見せることです。子は親の背を見て育つといいましょうか親の行動を観察しそれに興味を持ちます。親が野球をやってれば野球が好きになるしゴルフをやってればそれが好きになるし・・・。
しかし環境を変えるというのは本当に難しいことです。だって子供の起きてる時間には親も仕事や家事などでたいてい忙しいからです。子だくさんの家庭はほとんど無理でしょう。でもその中でも日曜日の何時間は読書の時間をつくり一緒に読んだり、図書館に運んだり、夕食時に本の内容の会話をしたりとか、一日15分でも読書の時間をつくり本を読ませたり一緒に読んだりいろいろ方法があります。

本好きにさせるということは勉強好きにさせると言うことに通じます。勉強も本も強いるのではなく好きにさせることが一番の得策です。なぜなら嫌いなものをいくら教えても頭に入らないし効率がとてもわるい。けど好きなものは自分自身で積極的に覚えようとするので親の労力も少なくなるしとても効率がよく時間の無駄にならない。
どっちにしても小学校と中学校と高校生活と12年間も毎日勉強をしなくてはならないんですよ。毎日いやいやいくより楽しくいったほうがいいにきまっている。人生無駄な時間を過ごさなくてすむのです。時間というものは極めて貴重です。

昔なら子供の前にぽんと一冊の本を置いとけばそのうち自分で手に取り読むようになるでしょう。しかし現在はテレビありーのゲームありーの、習い事ありーので一生本を開くことはないでしょう。だから親が積極的に環境の整備をする必要があります。

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »