« 経済って不思議? | トップページ | 経済って不思議?3 »

経済って不思議?2

なぜそういう状況になっていくのか。理由は二つあると思います。極めて根本的なそして本質的な問題です。
まず

①人間は限りない「欲」というものを持っていること

上限がないんですね。例えば生活水準に関して言えば、10年20年単位で考えると確実に過去より向上してますよね。しかしそれでも全然物足りない。もっともっと便利になりたい。もっとおいしいものを食べたい。もっと丈夫で耐震性のある家に住みたい、もっと大きな画面のTVをみたい、もっと高画質な映像を見たい、燃費のいい車に乗りたい、高速道路をもっとつくって地域を活性化したい、もっと飛行場をつくって早く目的地につきたい、もっとダムをつくって洪水に備えたり水不足に備えたい、もっとおもしろいゲームをしたいなどきりがないですね。相対的に地球規模で日本の生活水準をみてみるとこれはあきらかに先進国で極めて裕福な国です。満足に家もない、仕事もない、食べ物もない国があるくらいですから。しかしほとんどの人がこれでも満足してない。こういうあくなき欲望が科学技術の進歩、経済の発展の原動力になってるのには間違いないでしょう。

しかしこれらの欲望は「ぜいたく」だからやめなさいといわれればやめられるかもしれません。ところが次にあげる人の健康や医療にかんしてはどうでしょう。

医学も極めて進歩してきました。例えば抗生物質の発見により人の寿命が飛躍的にあがりました。盲腸=死とか肺炎=死 っていう図式だったころなんてさほど昔ではありません。癌=死、AIDS=死って図式も近い将来無くなるかもしれません。命の尊厳を追求する、もっと長生きしたい、不慮の事故や病気を克服したい。これは万人が願う欲望です。そのためにはもっと早く病気を発見できる高性能な機器がほしいとか、副作用の少ない病気に効く薬がほしい、失った臓器を再生してほしいなど。きりがありません。これも先ほどと同じように国の平均レベルでは極めて健康で長寿の国なのですが、満足してる人は誰一人いないでしょう。あたりまえです。

そしてこれらの欲望を解消するには莫大な研究費や治療をおこなう医療費が必要です。

では例えば今年は景気が悪かったから、税収が少なかったので研究費や医療費はこれでかんべんして、てな具合にはいかないでしょう。交通事故で瀕死の状態で救急車で運ばれてきて「すみません。今年は予算がないので誰も診る先生がいません」とか、癌の治療している患者に「すみません。今年は開発費の予算が無くて新薬がつくれないので古い副作用のある薬で勘弁して」なんていえるわけがありません。これらの欲望をストップするものは誰一人いません。人の健康の向上に異論を唱える人は誰一人いないわけです。

つまり根本的に大量のお金が必要ということです。景気の良し悪しにかかわらず。
つまり国債を買ってお金をつくっていくことが必需ということです。
つまり、(すみません、つまりつまりばっかり並び立てて。文章の組み立てが下手なもので)でもめげずに 
つまり、国債を償還するためには経済を発展し続けないといけないしくみになっているのです。

それではもう一つの理由は次回ということで。おやすみなさい。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

|

« 経済って不思議? | トップページ | 経済って不思議?3 »

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 経済って不思議? | トップページ | 経済って不思議?3 »