« 情報整理術6 (もうすでに過去のツールか、google) | トップページ | 東日本大震災 »

情報整理術7(もっともシンプルな方法)

さて前回は本格的データベースシステムを列記しましたが制作するにはそれなりのスキルが必要です。しかしもし初めての人でデータベースソフトを扱ってみたいと思う人は是非とも「桐」をおすすめします。過去記事にも何度もでてますが。
http://www.kthree.co.jp/kiri/index.html

桐に関してはまたいずれ

それでもめんどくさい、難しいというならテキストベースのメモ帳、テキストエディタ、ワード、オープンオフィス。何でもOKです。
いずれにしてもファイル内の検索機能があるので膨大な量でも瞬時に表示されます。

もっともシンプルなインデックスデータベースの作り方

テキストファイルにて

No    タイトル       カテゴリー  キーワード        概要
1-1  どうして円高か?  経済    ギリシャ 財政危機   ヨーロッパにおける国債発行高など

上記のように最低5個の項目に対して記録するだけです。NOごとに改行をしていきます。
目的の語句を検索すると瞬時に出ますのでその行のNoを確認します。
そしてそのNoはファイルのNOとそのページですから本棚から瞬時に目的の資料を出すことができます。


これによりスキャナーできない書類、不定形のもの、新聞記事などあらゆる情報が整理できます。
もちろん項目は自分で追加したり(例えば日付を追加する)アレンジができます。項目のことをデータベース用語でフィールドと言いますがフィールドがあまり多くなりすぎると作成に時間がかかるのでできるだけシンプルがいいでしょう。

これで新聞記事や雑誌、書物といった不定形の印刷物はこれで完璧です。100金のクリアファイルと無料のテキストエディタさえあればOKなので(パソコンはいりますが)特にお金かけなくても自分専用の百科データベースのできあがりです。

次回は同じくネット上の情報整理について

人気ブログランキングへ
中津市の歯科医院で働く歯医者



|

« 情報整理術6 (もうすでに過去のツールか、google) | トップページ | 東日本大震災 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 情報整理術6 (もうすでに過去のツールか、google) | トップページ | 東日本大震災 »