« 情報整理術9(ネット上の整理2) | トップページ | 池上彰シリーズです。池上彰教授の東工大講義(世界編) »

多様化するITデバイス①

年のせいか決断力が最近鈍りました。

あまりにも選択肢が多すぎるとほとほと困ることがよくあります。

例えばCoCo壱番屋のカレー屋さん。元カレーソースの種類に限らずご飯の量からカレーの辛さ、そしてあらゆる具材のトッピングの種類。もう世の中のカレーに合う食材を全て試して厳選されたものだけが残ったかのような堂々たる豊富なメニュー。考えに考えたあげくいつも注文はいつも「これ」「普通」「普通」です。常連さんは分かると思うが一応素人向けに解説するとウエイトレスの「何にしますか?」の問いかけに対して特別メニューを指さして「これ」。特別メニューとは本メニューとは別に期間限定メニューとかおすすめメニューの別ファイルがあるのです。いつも一通りメニューを見て熟考するのですがいつも最後は「これ」です。後は「ご飯の量は?」「カレーの辛さは?」の問いかけに対しての返答です。

 最近ラーメン屋もうっとおしい。麺ははちじれ麺?細麺?太麺?麺の硬さは?スープはあっさり?こってり?そして辛さは? 「店主の1番自信のあるものをだせよ(`ε´)」と吐く勇気も無く心の中でたまに思ったりします。
 単品一筋だった吉野家は変わってしまいました。以前はじめて子どもを連れて行った時、きょろきょろするので「何してんの?」と訪ねるとメニューを探してると。「そんなもんあるか」。
しかし現在は豊富なメニューがそろってます。しかもテーブル席までも。それだけではない。ドライブスルーまで。吉野家だけはちがうと思っていましたが結局ファーストフードの行き着くところはみんな一緒ということでしょうか。
さて道は大幅にそれましたが本題は次回に。

|

« 情報整理術9(ネット上の整理2) | トップページ | 池上彰シリーズです。池上彰教授の東工大講義(世界編) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 情報整理術9(ネット上の整理2) | トップページ | 池上彰シリーズです。池上彰教授の東工大講義(世界編) »